ギャンブルにおいて、カードゲームとしてブラックジャックがあります。合計で21にするものです。

ゲーム感覚で遊べる最近のギャンブル

ギャンブルで楽しむカードゲームでブラックジャック

カジノを楽しむために海外旅行に行く人はいるようです。アジアの観光都市といわれるところには、何かしらのカジノができるところがあるようです。世界の富豪たちがそちらで遊ぶことが多いようです。最近は中国の人が多いと聞いたことがあります。時代の変化なのかもしれません。日本が高度経済成長といわれたときや、バブル景気といわれたときは日本人も多く訪れていたのでしょう。今は他国に比べると少なくなってきているかも知れません。

カジノであれば、ギャンブルを楽しむことができます。その中のカードゲームとしてブラックジャックがあります。トランプを使うものになります。ディーラーと勝負することになり、1対1のこともあれば、ディーラー一人に複数人が相手をすることもあるようです。勝負のポイントは、数字の合計が21になるかになります。11以上の絵札は10としてカウントし、エースは1になることもあれば、11になることもあります。最初に2枚配られます。

2枚配られるときに、1枚は表を向いているので誰もがその数字がわかっています。後1枚の数字によって、そこで終了するか、もう一枚引くかになります。最も強いのはナチュラル21のパターンです。これは10以上のカード1枚とエース1枚が最初に配られたときに出るものです。ディーラーとプレイヤーの両方がナチュラル21の場合は引き分けになりますが、そうでなければその時点で勝負が決まることになります。カードを引いて21を超えると負けになります。

おすすめ情報